会津喜多方を愛するミュージシャン「高畑ひらく」のひらけごまわーるど!
ひらくのオリジナル曲の音源、ライブ告知・レビューでげす。
「オラ、おんつぁげすだげっちょも〜!(笑)」
最近はブログよりもFacebookの方ばっか本気になっつまって
バンド「ON THE GUESS(おんつぁげす)」のページです。↓
https://www.facebook.com/ontheguess/
最近の記事

2013年02月19日

「あいをうた」

最近ブログ更新してない間に
ギター練習と曲作りとかやってた。

んならいいんだげっちょも、それもやってねがったのよん(残念)

しかし、次に作る曲は「名曲」にしたかった。
しかし最初から名曲を作るつもりで、「はい出来ました!これが名曲です。」
なんてことができるはずはない。
そもそも名曲かどうか判断するのはお客さん、聴き手側であって
作り手側ではない。

しかし作り手としても、納得のいかない曲は作りたくなかった。

しかし最近の生活でネタがあがってきてなかった。

それはもう午後3時の回転寿司屋のようであった。

想いだけが空回り。

それはもう幼馴染をからかってしまう中学生男子のようであった。

しかし本日、タンスの奥の奥の奥の方にしまってあったネタが
裏の板が腐ってできた穴からポトリと落ちて出てきた。

それはもう、もう例えはいい。

そのネタとは「ひらくオリジナルの現代の『いろは歌』を作る」という
十分歯ごたえのあるネタであった。

いろは歌とは、誰が作ったかは知らないが
日本語の50音を一文字ずつ使ってつくった詩のことである。

いろはにほへどちりぬるを
わがよたれぞつねならむ
うゐのおくやまけふこえて
あさきゆめみしゑひもせすん

今日は仕事を終えて帰ってきてから
一心不乱に曲作りに打ち込んで現在朝5時過ぎである。

そして出来た!



「あいをうた」作詞+作曲=高畑ひらく

あいをうたわば よろこびおえずも
とめられなくて むねみちる
ふゆがさりぬやま
そのけしき べにほつせん

愛を歌わば 喜び終えずも
止められなくて 胸満ちる
冬が去りぬ山
その景色 紅欲っせん


名曲かどうかは分からないが、自信作だし
まさに春を待ちわびる今の季節にピッタリの曲になったのでした。
めでたしめでたし!

posted by 高畑ひらく at 05:18| 福島 ☁| Comment(0) | ひらくの音楽室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。